牡蠣とほうれん草のトマト煮込み

材料

  1. 牡蠣 200g
  2. ほうれん草 1束
  3. ホールトマト缶 1個
  4. ヒラタケ
  5. ニンニク 1かけ
  6. 鷹の爪 1本
  7. 白ワイン 大2(日本酒でもいいです)

作り方 (調理時間:10分)

1 オリーブオイルを弱火で熱し、ニンニクと鷹の爪を弱火で炒める

2 香りが出てきたらホールトマトを潰して投入
 ここでしっかり炒めてトマトの旨味を引き出します
 トマトソースはトマトを一度しっかりと炒めると美味しくなりますよ

3 (2)に白ワイン→ほうれん草の茎→牡蠣、ヒラタケ→ほうれん草の葉の順で入れ、塩で味付けをし、火が通るまで少し煮込みます
 (牡蠣は丁寧に洗い下処理をしておきます。ヒダのところが汚いので特に綺麗に)

4 野菜に火が通ったら完成!!

アレンジ

タコとかイカとか牛肉とか鶏ももとか砂肝とか
今回たまたまヒラタケでしたが、しめじやエリンギ等キノコは何でも大丈夫です☆
パスタのソースとしてもおすすめ☆

栄養

牡蠣は亜鉛やタウリンなどが豊富で誰もが知る元気食材ですね
トマトのリコピンやビタミンで体を抗酸化☆
抗酸化による高い美容効果に加え、ほうれんそう草の豊富な鉄分、葉酸は疲労回復効果なんかも高いのでトマトとほうれん草は相性のいい組み合わせ
トマトに含まれているリコピン、ホウレン草に含まれているルテイン、こういった野菜の色素は体を錆びさせない抗酸化作用が強い成分です
リコピンやルテインなどの色素は油と摂取すると吸収が良くなるので、今回のメニューは牡蠣の滋養強壮効果も相まって美容と若返りにはもってこいかと思います(*’▽’)
健康も美容も「抗酸化」が重要なのでございます☆

関連記事

  1. 万願寺唐辛子の焼びたし

  2. タケノコの海苔醤油煮

  3. 砂肝とニンニクの芽炒め

  4. ツナきんぴらごぼう

  5. 砂肝のネギバンバン焼き!

  6. シシャモのペペロンチーノ

山形VIPキックボクシングスポーツ24


山形県山形市桧町3丁目6-16
公式サイト:vipkickboxing.com/yamagata/

鶴岡VIPキックボクシングスポーツ24


山形県鶴岡市西新斎町9-20
公式サイト:vipkickboxing.com/tsuruoka/